News

《 2019.5.9 》

10日まで、じゃない! 今月の介護報酬の請求期限は13日です。


もし準備ができているのならいつも通り出してしまえばいい。仕事が立て込んでちょっと厳しい、という場合もまだ焦らなくて大丈夫!

広告

介護報酬の請求業務は今月だけ公的スケジュールが異なる。
 
普段なら10日までに請求明細書を国保連へ提出しなければいけないが、5月提出分(4月サービス提供分)は13日までに伝送を済ませれば問題ない。通常より3日間ゆとりを持てるように設定された。
 
厚生労働省は3月末にこの対応をとる方針を発表。介護保険最新情報などで現場の関係者に広く周知していた。
 
《関連記事》

 

介護報酬の請求、5月の期限は10日ではなく13日 厚労省
 
請求明細書の提出期限が変更されるのは極めて異例だ。震災の被災地などに柔軟な運用が認められたケースは過去にもあった。ただそれを除けば、介護保険制度が始まってからおよそ20年で初めてのこととなる。
 
理由は前例のない長さだった10連休。多くの人が仕事を再開する7日から提出期限までが短かったため、厚労省は一定の猶予を設けるのが無難だと判断した。
 
3月末に発出した通知の中では、「5月13日の提出期限に遅れたものについては、翌月以降に提出するものとすること」と呼びかけている。来月の6月提出分からはまた通常の提出期限(10日)に戻るので注意が必要。