News

《 2019.6.3 》
= 経済財政諮問会議 =

介護予防、健康インセンティブに重点 「骨太方針」骨子案 政府


《 31日の諮問会議(画像出典:首相官邸HP)》

政府は5月31日の経済財政諮問会議で、今年の「骨太方針(経済財政運営と改革の基本方針2019)」の骨子案を提示した。

広告

「全世代型」社会保障への転換を引き続き大きな柱としており、病気や介護の予防、健康インセンティブの強化を具体策の目玉に位置付けた。
 
自治体の努力や成果に応じてその多寡を変える交付金を活用し、地域支援事業の“通いの場”を大幅に増やしていくことなどが念頭にある。2021年度に控える次の介護報酬改定では、ADLの改善や自立支援の取り組みを事業所に促すアウトカム評価を拡充する方針だ。
 
令和元年第2回経済財政諮問会議
 
安倍晋三首相は席上、6月中に「骨太方針」をまとめるべく細部の検討を急ぐよう関係閣僚に指示した。医療や介護の給付費の抑制については、夏の選挙を見据えて踏み込んだ記載は避けるとみられる。
 
骨子案にはこのほか、高齢者雇用の促進や次世代モビリティの展開、外国人材の円滑な受け入れなども盛り込んだ。新たなテクノロジを活かした効率的な次世代型行政サービスの構築も掲げている。茂木敏充経済再生担当相は会合後の会見で、「Society5.0実現の加速を前面に据えていることに特徴があるのではと考えている」と述べた。