News

《 2019.8.3 》

社会福祉士の国試、今年度は来年2月2日に実施へ 受付は9月5日から


来年の2月。本番まであと半年だ。

広告

厚生労働省は2日、今年度の第32回社会福祉士国家試験を来年2月2日(日)に実施すると公告した。合格者の発表は3月13日(金)の午後に行う。
 
第32回社会福祉士国家試験の施行について
 
受験書類の受け付け期間は9月5日(木)から10月4日(金)まで。提出先は社会福祉振興・試験センターで、一般受験者の手数料は1万5440円とされている。
 
試験地は北海道、宮城、東京、愛知、大阪、福岡、沖縄など全国24ヵ所。詳細はセンターの公式サイトや専用電話(03-3486-7559)などで確認できる。
 
昨年度の社会福祉士国試は、4万1639人が受験して1万2456人が合格。合格率は29.9%だった。合格率は6年前の例外を除き、ここ10年は概ね20%台後半で推移している。

昨年度の合格者の内訳は、女性が約65%、男性が約35%。29歳以下が全体のおよそ半数を占め、30代と40代がそれぞれ約2割だった。